車にかかる税金は思ったより安い?

日本においては何をするにも税金がかかり、購入しようとしているものややろうとしていることの本来の価格より高い金額を支払わなければならなくなっていますが、それによって「日本」という国を運営していかなければならないので、一概に批判はできません。

しかし、中にはとんでもない税金を掛けられているものもあり、これは少し行き過ぎではないかと思うものがある反面、なぜこんなものに税金を掛けるのか?と税制自体を疑ってしまうものもあります。

よくタバコを吸っている人に「このタバコのほとんどが税金だよ」なんて言う方がいますが、確かに65%が税金となっているタバコは非常に税額が高いことでも有名です。

これに比べてみれば、消費税が5%から5%や10%に上がったとしても対して事ではないように思えてくるのです。

基本的に税制というのは日用品は安く、贅沢品は高くというのが常識に用なものですが、自動車に関する税金は、ある意味生活必需品、ある意味贅沢品となる割には意外と安くなっています。

しかし、根本となる車両価格が非常に高いため、低い税率でも税金を支払う額が高くなってしまうのです。

高い、高いと思ってしまう自動車関連の税金をもっと理解すれば、それほど高い税金でないことに気が付くでしょう。

自動車税の基本
自動車にもかかる消費税
自動車取得税の仕組み
毎年払う自動車税
自動車税の納税義務を怠ると?
エコカー減税
節税
自動車重量で税金を節約
軽自動車の税金はいくら?
一番の節税対策とは?
エコカー減税の活用
リンク
リンク集1

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。