自動車税の基本

自動車税の基本記事一覧

日本で今一番注目を集めている税制といった消費税、1989年に3%でスタートした消費税ですが、現在は5%、そして来年の4月からは8%になろうとしていますが、これらは日本で売っている商品を購入する際に必ず支払うことになります。要は100円のドリンクを買っても、1000万円もする高級車を買っても待った同じ「税率」となるのです。ここで重要なのは同じなのは「税率」という事で「税額」ではないという事です。10...

車を購入して車の代金だけを考えて購入しようとすると意外と高いことに気が付くことがあります。色々な諸費用などが掛かっていることには間違いはないのですが、購入金額を一気に高いものにしている一番の悪者が「自動車取得税」です。よく「取得税」などといわれるもので、基本的には、自動車を手に入れた際、車自体の販売価格に税率を掛けたものがその自動車取得税というものなのです。普通自動車であれば販売価格の5%、軽自動...

車を購入するときには、車本体の価格だけではなく、俗にいう「維持費」という事を考えるかと思います。「維持費」といってもいろいろなものがあり、日常ガソリンスタンドで入れることになるガソリン代や定期点検のほかに一番大きなものとなるのが自動車税ではないでしょうか。自動車税は過去にはエンジン排気量とボディの大きさで決められていたのですが、現在ではエンジンの排気量だけによって税額が決められています。乗用車に関...

日本人に課せらている義務に「教育を受けさせる」「納税」「勤労」という3大義務というものがあります。こんな中の車にとって一番近いものといえば「納税の義務」でしょう。自動車を保有するという事は、保有する前よりも収めるべき税金が増えることとなるので、車を買う時にはそれも含めて考えることが必要となります。ただ、自動車に関する税金は、半ば強制的に払わされるので、基本的には払い忘れるなどは起こりにくいのですが...

地球全体における環境破壊を食い止めようと世界各国でいろいろな環境保全策がとられていますが、日本においては、それが1つの商売となりました。それがエコカー補助金やエコカー減税ですが、エコカー補助金はかなり国にとって負担が大きかったようで短期間で終わってしまいました。しかし、エコカー減税は今のところまだ続けられており、とりあえずは2015年の4月までは続けられるようです。このエコカー減税というのは環境に...

page top