エコカー減税について

地球全体における環境破壊を食い止めようと世界各国でいろいろな環境保全策がとられていますが、日本においては、それが1つの商売となりました。

それがエコカー補助金やエコカー減税ですが、エコカー補助金はかなり国にとって負担が大きかったようで短期間で終わってしまいました。

しかし、エコカー減税は今のところまだ続けられており、とりあえずは2015年の4月までは続けられるようです。

このエコカー減税というのは環境に悪いとされている排気ガスを抑える機能や化石燃料であるガソリン・軽油などを有効的に使う、いあゆる燃費の良い車に対して減税措置をとるというものです。

基準となるのは、国が定めた排気ガス基準値と燃費基準で、現在のところ2005年に作られた排ガス基準と2015年に施行される燃費基準にどれだけ沿って作られているかによって減税額が変ってくるようになっています。

減税対象となるものは自動車税や自動車取得税、自動車重量税となっており、完全な免税から50%減税までが用意されています。

本来、環境汚染を食い止めるために環境に優しい車に乗り換えることを促すために作られたものだったのですが、それが自動車メーカーにとっては、車を販売する大きなチャンスとなってしまい、更に環境悪化を促すことになってしまいました。