自動車税の納税義務を怠ると?

本人に課せらている義務に「教育を受けさせる」「納税」「勤労」という3大義務というものがあります。

こんな中の車にとって一番近いものといえば「納税の義務」でしょう。

自動車を保有するという事は、保有する前よりも収めるべき税金が増えることとなるので、車を買う時にはそれも含めて考えることが必要となります。

ただ、自動車に関する税金は、半ば強制的に払わされるので、基本的には払い忘れるなどは起こりにくいのですが、唯一自動車税といわれるものだけは、納税者の意志によって支払わなければいけないのです。

消費税と自動車取得、重量税は、購入時に車両価格と共に支払いますし、更に重量税は車検時に支払う流れになっているので特に意識しなくても支払うことになるのです。

自動車税だけは、振込用紙などを使って支払うので払い忘れやあるいは意図的に払わないという場合もあります。

しかし、自動車税を払わないと次に受けるべき車検を受けることができなくなってしますのです。

それによって事実上継続してその車に乗り続けることができなくなるばかりか、最終的には差し押さえなどの行政処分を受けることになります。

たかが自動車税と思わないで、しっかりと納税の義務を果たしていきましょう。