自動車重量で税金を節約

人間の世界では、メタボだとかダイエットなどと言って体重を減らそうとする傾向がありますが、重量があって重たいのがよくないというのは自動車においても言えることです。

それは車の重量にあわせて税金がかかるからで、その税金体形を「自動車重量税」といいます。

この税金は読んで字のごとく、車の重量(車検証に記載されている重量)によってランク付けしたもので、一般的な乗用車で4100円から73800円の設定があります。

重量税は新車を購入した時と車検の時に収めることになっています。

車検は、新車時と継続時では期間が違うのでそれによっても金額に差が出ることになります。

要するに新車時には次の車検まで3年ありますが、2回目の車検までには二年しかないのでその分、税額が多少安くなるという事です。

ランク的には500kg以下から3トンまでの500kg区切りで6段階に分かれます。

一般的な乗用車は1.5トン前後ものが多いので、その前後のランクである24600円か36900円となることがほとんどですが、大型ミニバンやオフロードモデルなどでは簡単に2トンを超えてしまうので、もう一つ上の49200円という重量税を払うことになります。

車が軽いという事は走行性能や燃費性能だけでなく、税金面でも大きなメリットがあるのです。