エコカー減税の活用

自動車関連の税金を節約する節税対策として唯一正しい形で存在するのがエコカー減税の活用です。

エコカー減税は、今の車を燃費が良く、排気ガスの濃度が薄い車に買い替えやすくすることで地球環境を守ろうというものですが、産業廃棄物や新しい車を生産するときに排出される二酸化炭素を除けば良い方向に進むと思います。

しかし、車によって地球環境をよくしようというのであれば、車というハードウェアだけでなく、それを運転したり、乗ったりする人間の考え方であるソフトウェアも正しい考え方を持たせなければなりません。

日本で初のハイブリッドカーとなった某車の乗る方には無謀な運転をする方が多いとよくいわれています。

確かにモーターの力強い低速トルクは魅力的ですが、だからといって払うべき税金を払わずして、ガソリン消費を抑え、排気ガスもわずかしか出さない構造になっている車で、高速道路の追い越し車線を制限速度以上で走るのは、エコでもなければ何でもありません。

いくら車がエコに徹して作られていたとしてもドライバーに全くその意識がなければ宝の持ち腐れとなってしまうのです。

エコカー減税で購入者が払わなくて済んだ税金分を必ずどこかで他の税金で補っているわけですから、間接的に他人に税金を払ってもらっていることになるのです。

こういうことを理解しているのであればいいのですが、そんなこと頭の隅にもないような方は、エコカー減税を受けるべきではないでしょう。

生活保護と同じように必要な人間にだけ使うようにしてもらいたいです。