一番の節税対策とは?

税金が高い!税金が高い!というのが口癖になってきそうですが、車1台に乗るにしてもいろいろ税金を取られてしまうのが今の日本です。

しかし、車というのはもはや生活必需品であったり、趣味の対象として存在しているので税金を取られるからとか金額が高いとかいうべきものではなくなってきたのです。

よく税金を出来るだけ払わないで安く車に乗ることができないかなどと、まるで企業の節税多作の様な事を考えながら、車に乗っている方がいますが、はっきり言って自動車関連の税金で節税対策などは存在しません。

あえて節税対策として言えるのが、大きい車より軽自動車の様な小さな車を選ぶ特ことです。

小さい車であれば、車両価格が安いから消費税も安くなりますし、重量が軽いから重量税も安い、自動車税も一番下のクラスでいけますし、軽自動車であれば更に税額が安い軽自動車税になるのでなおさらメリットが大きいと思います。

更に、一番の節税対策となるのが、車を買わないことです。

車を買ってまで税金がどうのこうのいうようであれば、いっそのこと車なんて買わないで、バスや電車などの公共機関や体のために歩いたり自転車に乗ったりして移動したのほうがよいのではないでしょうか。